Skip to content

女性サポートサイト・性病解読

性病
性病(せいびょう)とは、性行為感染症 (STD) のうちで特に古典的な4つの疾患を指す。この四は梅毒、淋病、軟性下疳そして鼠径リンパ肉芽腫であります。
古くは花柳病(かりゅうびょう)とも言われた。(多く花柳界で感染することに由来する。)
STDのなかでこれら(狭義の)性病が占める割合は低下してきており、トリコモナス、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスなどの感染症が重要性を増している。

性病の主な種類と症状
梅毒
梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。 第一感染経路は性行為であるが、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。

梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつあります。

梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。

第1期
感染後3週間 – 3か月の状態。トレポネーマが侵入した部位(陰部、口唇部、口腔内)に塊(無痛性の硬結で膿を出すようになり、これを硬性下疳と言う)を生じる。塊はすぐ消えるが、稀に潰瘍となる。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れ、これを横痃(おうげん)という。6週間を超えるとワッセルマン反応等の梅毒検査で陽性反応が出るようになる。

第2期
感染後3か月 – 3年の状態。全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの症状がでる場合がある。

第3期
感染後3 – 10年の状態。皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生する。(医療の発達した現代では、このような症例をみることは稀である)

第4期
感染後10年以降の状態。多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳(脊髄)梅毒、脳梅)、死亡する。現在は稀である。

潜伏期
前期潜伏期:第2期の症状が消えるとともに始まる。潜伏期が始まってからの2年から3年間は、第2期の症状を再発する場合がある。
後期潜伏期:不顕性感染の期間で数年から数十年経過する場合もあるが、この期間は感染力を持たない。

淋病
淋病とは、淋菌への感染により起こる感染症である。STD、性病に認定されている。感染率は約30%である。1984年をピークに減少したが、1990年代半ばから増加しつつある。性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20 – 30%)している場合も多い。

症状
感染後数時間から数日で発症する。咽頭の場合は咽頭炎、性器の場合は、淋菌性尿道炎(男性のみ)、子宮頚管炎(女性のみ)を起こす。感染部位は、咽頭・性器などの粘膜のほか、尿道、子宮頸部、直腸などの内膜や、眼の結膜を侵す。 咽頭の感染では、あまり症状は見られない。

女性の場合は数週間から数カ月も自覚症状がないことが多い。症状があっても特徴的な症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断されることがある。 放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に発展する場合もある。 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となる。

淋菌感染症は何度も再感染することがある

軟性下疳
軟性下疳(なんせいげかん)とは、軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi)を原因菌とする性行為感染症、旧性病予防法に定める性病である。日本では症例は少なく、アフリカや東南アジアに多い。
接触感染後1~7日の潜伏期を経て、生殖器に発赤、膿胞から潰瘍(下疳)を生じ、痛みや出血を伴う。そののち鼠径リンパ節が痛みを伴って腫脹(黄根)化膿し、自潰(じかい)するようになる。
鼠径リンパ肉芽腫
鼠径リンパ肉芽腫(そけいりんぱにくげしゅ、Lymphogranuloma urethritis)とは、クラミジア・トラコマチスによって発生する感染症、性病。梅毒・淋病・軟性下疳に続く性病という意味から第四性病(だいよんせいびょう)とも呼ばれる。

症状
外陰部の丘疹が糜爛・潰瘍化する。糜爛発生後1~2週間ほど経過すると、発熱、頭痛、発疹等が認められるようになる。その他、鼠径リンパ節に有痛性の腫脹を認める。

ほかには
尖圭コンジローマ
原因で外陰部や肛門周囲に「イボ」ができる病気です。コンドームで防ぎきれないことがあるのと、再発しやすいので、かかると厄介。イボを見れば一目で診断できます。治療はイボをレーザーや電気メスで切り取るか、塗り薬を一定期間使用します。

HPV感染症
HPVの中でも子宮頸癌の原因となるハイリスクタイプに感染したら要注意です。性交経験のある女性の7~8割が50歳までに1度はかかると言われているくらいメジャーなウイルス。

HIV/AIDS
HIVウイルスによる感染症で、ウイルスによって免疫不全を発症した状態が「AIDS」です。先進国の中で唯一日本だけが新規感染者が増えており、1日3~4人の感染者が報告されています。特に、20代~30代では異性間での感染が増えているのが特徴です。
診断は血液検査で行ないます。ウイルスを体から排除する治療薬はありませんが、ウイルスの活動を抑えて発症しないようにすることは可能です。

性病感染をチェック
1.パートナーが複数いる
2.パートナーには複数の相手がいると推測される
3.セックスを行きずりの相手とすることがある
4.パートナーがよく変わる
5.年齢の離れているパートナーである
6.コンドームの使用が少ない
7.安全日はコンドームを使わない
8.アナルセックスなど出血するようなセックスをしている

オススメサイト情報

۞勃起障害の悩みをもっている方は勃起障害改善薬シアリスを服用する前にまず自分の力で改善したほうが良いでしょう。シアリスの効果は非常に高いです。シアリス通販サイトにはシアリスが安いです。

۞バイアクラは世界で一番初めにできたED治療薬で、歴史は長いです。バイアクラジェネリック医薬品も多いです。